西高木の家 -アクティブソーラーの家-

建築全景
 敷地の既存松を残し古家を解体し、日当たり良く使い易い家に立て替えた住まい。温泉供給される土地柄を活かして、旅館気分でゆったりと温泉につかり、風呂上がりのビールを楽しむ住まい。

切妻屋根を連ねた南面外観
 2階建て部分は開口を大きく日当たり良くして、アクティブソーラーの家としています。

カーポートと玄関アプローチ
 南北に高低差のある敷地。既存松に沿って土留め擁壁をコンクリート打設。
コンクリートの表面をタタキ仕上げにして柔らかい表情としています。

玄関ポーチ
 前面道路から敷地に上がったところに配した玄関。アプローチの階段までカバーする低く構えた庇を設えています。

2階への階段に面した玄関
 1段目から延びる手摺棒は玄関での立ち上がりと階段手すりを兼ねています。
格子建具のある玄関はモダン和風の装い。

リビング・ダイニング
 国産の杉材を床・天井に張り、壁を珪藻土塗り壁で仕上げた自然素材の心地良い空間。
木地を活かして天井は柿渋塗り。床は天井の柿渋に色味を合わせた自然塗料で仕上げています。

正面の窓は既存松の風景を切り取るピクチャーウィンドーとなっています。

リビングとダイニングの間仕切り
 来客時の応対など必要に応じて引戸建具でリビングとダイニングを仕切る。

空間の広がりのあるリビング・ダイニング
 南からの陽光が差し込むリビング・ダイニングはワンフロアの心地よい空間。
季節に応じて縁側部の建具を開閉し、 アクティブソーラーの家として機能させます。

ダイニング
 青紫色の対面式キッチンのあるダイニング。
テーブルは設計して家具職人が制作。椅子は既製品を使い座面をキッチンとコーディネート。

Ⅱ型レイアウトで対面式のキッチン
 一見、システムキッチンのようですが、作業台の高さ、引き出しの深さや使い勝手、部材の色を細やかにリサーチし、制作したオリジナルキッチン。キッチンに隣接して勝手口も兼ねる食品庫も配置しています。

寝室
 勾配天井の落ち着いた雰囲気の寝室。
寝室の隣にはウォークイン・クローゼットを設けています。

温泉を楽しむ浴室
 十和田石を張って仕上げた源泉掛け流しの温泉浴室。
「旅館の湯船につかるようにお湯をザーと流したい」という施主の夢を叶えた空間です。

和室
 2階は8畳の和室を二間。
天井は船底天井とし、南面は縁側を配してアクティブソーラーとしています。

写真撮影・写真著作:写真家 林 安直

片倉隆幸建築研究室
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

〒394-0048

長野県 岡谷市 川岸上4丁目8-27

Tel 0266-24-3748 / Fax 0266-24-2981

E-mail archhall@po26.lcv.ne.jp

(C)2018 片倉隆幸建築研究室    当サイトに記載された内容及び画像を許可なく無断で複写、複製、転載することはお断り願います。

Takayuki KatakuraArchitect & Associates

片倉隆幸建築研究室