清水の家

 コンクリートの端正な躯体に木製の開口部のディテールと黒い煙突、それぞれの機能と素材感の組み合わせが印象的なファサード。敷地境界に塀などを設けていないために敷地に開放感があり、そこに建つ建物の印象をより強めている。

玄関ポーチ
 この住まいは3階建ての住まいで、1階部分は軽食喫茶の店舗として将来的に利用できるよう設計を行った。

1階のダイニングキッチン
 一階にはバンケットルーム(食事室)・厨房などを配置し、将来的に1階部分のみで飲食業の営業などもできるような計画となっている。将来、住宅部分として2階より上部を使えるように、正面にみえる階段を上がったところに住宅部の玄関を用意。ファサードで印象的な煙突はこの一階部分に置かれたストーブのもの。

厨房

2階と3階の住居部分
 2階にはファミリールーム、3階に個室を配置し中央の上下階をつなぐ階段まわりの吹き抜け空間によってゆるやかにつながっている。吹き抜け内の黒い金属製のパネルは温水暖房。

写真撮影・写真著作:写真家 林 安直