里山辺の家

 松本市の市街地から離れ、地名の様に山々にほど近い里山辺地区に建つ住まい。

ファサード
 敷地の制限の中で三階建ての建物としている。外壁は塗り壁とガルバリウム鋼板製のサイディングで仕上げ、屋根は折り紙の様に多面体で構成されている。

玄関
 三角形型に玄関を配した。塗り壁に照明の光が掛かり暖かな表情となっている。

2階の家族室とダイニング
 吹き抜け空間となっている2階の家族室には4畳半の琉球畳が敷かれている。階段室が中央に位置し、周辺を諸室が取り囲む構成により、一体感が生まれ、また吹き抜けにより3階の子供室とも一体感のある空間を構成している。

3階の子供室
 あえて間仕切りを設けず、緩やかに繋がる空間としてる。天井は屋根形状をそのままに天窓からの光が差します。

浴室

写真撮影・写真著作:松本 保