小堂見の家

 平屋建てを採用したことにより、軒を低くおさえヒューマンスケールを持った建築になっている。各所に設けられたトップライト、パティオによって外光を多く取り入れ明るく快適な内部空間となっている。ゆるやかに傾斜した天井の組み合わせによって構成された室内は緩やかに境界をつくり各スペースを有機的に連続させている。

家族室
 暖炉、ダイニングテーブル、キッチン、椅子など一通り設計して納める。

大黒柱
 リビングの中央には取り壊した家の梁を使用。自然素材を多く使うことを心がけ、小さな子供にも安心して暮らせる人間にやさしい住まいを実現している。

写真撮影・写真著作:写真家 林 安直