湖畔の片流れ

 市街地に建つ、親子2世帯の住まい。
玄関隣にホームエレベーターを配置し、1階を息子世帯、2階に親世帯として計画しました。
 タイトルの"片流れ"はこの住まいの屋根形状から名付けられました。

外観
 住まいの道路側外壁は柔らかな表情の左官塗り壁仕上げ。隣地と密接した建物裏側は将来のメンテナンスも考え、金属サイディング張りとしています。

玄関アプローチ
 将来の車椅子使用にも気を配り、玄関へのアプローチをスロープとしました。
敷地は火災の延焼防止に配慮する必要のある地域で、ガラスを防火ガラスとしています。
延焼の恐れのある位置を逃れた玄関と1階リビングのサッシを木製建具で整えました。

2世帯共有の玄関
 玄関隣にウォークイン・下足室を配置し家族の靴をこちらに収納して、お客様を迎える玄関はすっきりと。

下足室の反対側にはホームエレベーターを納めました。天井は越前和紙をデザイン貼り仕上げ。

1階 リビング
 ブルーの生地を張ったソファは造り付けで敷地形状に沿った平面に合わせて配置。座面下には収納を設けました。ソファーに座ると正面に間接照明とTV台計画。リラックスした雰囲気でくつろぐスペースとしました。
天井は杉板張りに柿渋を塗って自然素材で仕上げています。

1階 ダイニングとキッチン
 システムキッチンと家具製作の食器収納を組み合わせたキッチン。
キッチン奥には食品庫を計画しました

1階 予備室と階段
 ベットとデスクを造り付けした予備室を2部屋計画しました。用途や成長に合わせてフレキシブルに使えるよう、2室の間仕切を開閉出来るようにしています。
 階段室のテスリはオリジナルで設計し、
製作したものを取り付けています。

2階 書庫回廊
 たくさんの蔵書をお持ちだった、ご主人の要望は本棚を充実させて欲しい…そこで書棚を多く計画しつつ、ロフトへ上がる階段も兼ねた書庫を2階の中心に設計。 棚にステンドガラスや格子を取り付けて楽しくディスプレー出来るようデザイン。 この家だけの楽しいオリジナル書庫が出来上がりました。

2階 居間
 立ち座りの負担に配慮し、一段持ち上げた所に設けた居間は8畳の和室としました。

畳下には引き出し式の収納を設けています。

ロフトの書斎
 書庫回廊の階段を上がった所にロフトと書斎を計画しました。

畳敷きの掘り座卓から2階を見渡せる見晴らしの良い書斎はご家族のお気に入りとなっています。

写真撮影・写真著作:写真家 林 安直

片倉隆幸建築研究室
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

〒394-0048

長野県 岡谷市 川岸上4丁目8-27

Tel 0266-24-3748 / Fax 0266-24-2981

E-mail archhall@po26.lcv.ne.jp

(C)2018 片倉隆幸建築研究室    当サイトに記載された内容及び画像を許可なく無断で複写、複製、転載することはお断り願います。

Takayuki KatakuraArchitect & Associates

片倉隆幸建築研究室