光の庭

 地方都市の市街地に計画されたこの住まいは母親棟と子供世代の住まいとに分節され、中庭を中心に関係しています。
 道路面はRC打ち放しの壁を立ち上げる一方、親世代棟と子世代棟を結ぶ中央に中庭を設け、市街地特有の問題である騒音・視線・採光・通風などの問題に対し、守りながら開くというコンセプトでマチに開かれた建築の表情がどうあるべきか思案しました。

街道沿いのファサード
 交通量の多い市街地の住まいのため、プライバシーを確保しつつ、明るさや通風を得られるよう設計。LDKと個室を上下反転プランとする。

玄関
 明るさを確保できるよう天井までガラスとした1階の玄関廻り。プライバシー確保のためにスリガラスとしたが雁行のプランと共に空間を引き締めている。

1階の個室

LDK
 上下逆転プランの2階に設けられたLDK。屋根形状をそのままに勾配天井とした気持ちの良い空間となっています。

キッチン
 明るい天窓からの光が注ぐキッチン。

屋根を丸く切り抜く
 丸く切り取られた中庭の吹き抜けから降り注いだ光は土間に反射し、親世代と子世代のすまいをやわらかくつないでいます。外壁は土壁仕上げ、中庭の土間はたたき仕上げ、室内もしっとりと塗壁仕上げであり、なつかしさも感じる住まいとなりました。

写真撮影・写真著作:写真家 林 安直

片倉隆幸建築研究室
  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

〒394-0048

長野県 岡谷市 川岸上4丁目8-27

Tel 0266-24-3748 / Fax 0266-24-2981

E-mail archhall@po26.lcv.ne.jp

(C)2018 片倉隆幸建築研究室    当サイトに記載された内容及び画像を許可なく無断で複写、複製、転載することはお断り願います。

Takayuki KatakuraArchitect & Associates

片倉隆幸建築研究室